2018年05月04日

逆さアルプスの風景

春は鳥たちの渡りの季節です。
今年もシギチを求めて田んぼに出かけていますが、春は田植えの時期でもあります。

代掻きの終わった田んぼは、時に鏡のようになって北アルプスを映し出します。毎年、見慣れた風景ではありますが、ついつい撮ってしまいます。

18050101逆さ常念A.jpg

posted by ペコム at 09:48| その他いろいろ

2018年03月27日

バイク犬

ドライブしていると思うのですが、私の道路地図(カーナビも含めて)はいささか古くなったようです。地図にない新しい道路が忽然と現れます。「道の駅」も同じで地図にはのってない新しいものが突然現れます。

高野山の麓の慈尊院を訪ねようと行った時、近くに「道の駅、柿の郷くどやま」がありました。私の地図には載っていませんでした。慈尊院からは高野山の表参道にあたる町石道(ちょういしみち)があり今や世界遺産にもなっています。歩くつもりで来ましたがこの道は約20キロほどあって一日がかりの山道です。翌日から天気が崩れる予想となり日程的な都合(通院予約)もあって今回は下調べとして、5〜6月の日が伸びた頃にまた来て登ろうかなと考えています。
その「道の駅、柿の郷くどやま」ですが新しいので地元の人に聞いてみましたらオープン3年目なのだそうです。世界遺産の高野山がらみかな?と思ったのですが、九度山の真田庵、つまりNHKの大河ドラマ「真田丸」がらみで出来たと言ってました。九度山町は信州の上田市と姉妹都市になっていてお祭りの時は、上田から真田の鉄砲隊が応援にやってくるのだそうです。いまや大河ドラマは地域活性化にもつながっているようです。

その道の駅で見かけたのがバイクに乗った犬でした。といっても駐車したバイクなのでどういふうにやって来たのかは分かりません。飼い主を待っているのでしょうが、ちょこなんとお行儀も良くおとなしくしているのが何ともかわいかったので写真を撮りました。名付けて「バイク犬」です(^^)。
18031901バイク犬.jpg

そういえば、昨年の初夏も東北で、OPENしたばっかりの「道の駅平泉」と遭遇しました。ほんとに偶然でした。オープニングイベントで賑わっていましたが、その中にバンド演奏がありベンチャーズを演奏していました。あまりにも懐かしかったのでしばらく聞いていました。演奏者も観客もやっぱりシニアばっかりでした(笑)。
17042902道の駅平泉AA.jpg

posted by ペコム at 15:17| その他いろいろ

2017年05月28日

動かざること彫刻のごとし

下北半島尻屋崎の寒立馬は彫刻のようでした。

動かない生き物といえば「ハシビロコウ」を思い浮かべます。知らない方の為にどんな生き物かと言いますとクチバシの大きな鳥でTVなどで話題になったこともあります。それでもまったく動かないということでもなく動かない方が多いという感じでした。下の写真は、静岡県の掛川花鳥園の「ハシビロコウ」です。エサと思われる魚の入ったバケツの近くに行ったので(これは食事でもするのかな?)とその瞬間を待っていたのですが、じっと見つめるだけで動きが止まってしまいました。そのまま「動かざること彫刻のごとし」で、結局、待ちきれずに動いたのは自分の方でありました。(笑)↓
17012908ハシビロコウCA.jpg

そのハシビロコウに負けずと動かないのが尻屋崎の寒立馬でした。草をはむ時は移動するのですが、それ以外は立ったまま、あるいは寝転んでじっとしていました。観光客が目の前でカメラを向けても動きません。(我、関せず)といった様子でほんとに動かないのでした。まるで馬の彫刻がそこに立っている感じです。↓
17043002寒立馬A.jpg

寝転んだまま動かない寒立馬。いい夢でも見ているかのようです。↓
17043002寒立馬C.jpg

ここまで物事に動じない姿は何なんでしょうね。私みたいにじっと我慢のできない人間には分からない事ですが何か教えられたような気もいたします。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 12:18| その他いろいろ

2017年05月22日

浄念寺のうさぎ

前回のうさぎつながりでおまけの話です。わーい(嬉しい顔)

山形県に近い新潟の村上市に寄った時のことです。
村上は城下町です。青森県など東北に行く際はだいたい日本海沿いを北上しますのでその近くを通ります。ですが、今まで通過してしまい、寄ることはありませんでした。所要で山形に行った帰り道、村上市を通りました。朝の6時ころだったでしょうか。国道で「村上城跡」の看板が目に入りました。朝という時間帯でもあり、ふと寄ってみる気になりました。こんもりとした山の森がたぶん「村上城跡」であろうと目指しましたが、入り口が分からず、うろうろしていると城下町らしき通りの一画に駐車場がありそこに車を止めました。上町でした。誰かに聞いた方が早いかも・・と街をぶらついてみますると「山頭火の句碑」で掃除をしていた地元の方に尋ねてみました。親切にも地図までいただき村上市内を散策することにして、結局、お昼過ぎまでぶらぶらしてしまいました。

前置きが長くなりました。寺町の浄念寺を一歩入った時、目に入ったのがうさぎでした。なんとも可愛いお出向いでほほがゆるんでしまいます。お寺さんのやさしい気持ちが伝わって来るようです。わーい(嬉しい顔)

IMGP4146.jpg

このうさぎは道路に出ることもないので事故にも会わないでしょう。(笑)
村上藩は城主が時代により代わっているのですが、その内の本多家、松平家、間部家の菩提寺がこの浄念寺であるとのことです。村上城跡も散策しましたが、今は、石垣がその面影を残すのみですが、山全体が自然の宝庫で野草のお城で有名なんだそうです。私が行った時はシャガが盛りでした。季節を変えて訪れるのも面白いと思います。わーい(嬉しい顔)



posted by ペコム at 10:28| その他いろいろ

2017年04月19日

強風の中の鯉のぼり

霧訪山に登った帰り道のこと、安曇野市堀金の道の駅に鯉のぼりが並んで泳いでいました。

この日は、風が強く元気がよく鯉のぼりはほぼ水平になるほどでした。ここまで来れば我が家はもうすぐですが、あまりにも元気な鯉のぼりに誘われてトイレ休憩も兼ねて立ち寄りました。夕方の5時ころで道の駅も終了タイムなのでしょう…蛍の光が流れていました。

強風の中で元気よく泳ぐ「鯉のぼり」。ほぼ水平です。↓
17041402こいのぼり.jpg

別カット。夕暮れの北アルプス常念岳とのコラボです。↓
17041402こいのぼりA.jpg

真下で撮ってみましたが、いまいち真下観がありませんでした。(笑)↓
17041402こいのぼりC.jpg



posted by ペコム at 15:00| その他いろいろ