2018年10月30日

ついでのついでに雨飾山

何年ぶりでしょうか、雨飾山に登ってきました。

雨飾山は百名山の一つです。ついでのついでに登るような山ではありません。その一週間ほど前でしょうか、大町の簗場駅から白馬までの塩の道を歩きました。簗場駅の前は仁科三湖の中綱湖がありますが、ちょうど紅葉が見事でした。パチリと写真にも撮りました。ところがSDカードのパラメータ異常とやらで写真が取り込めません。つまり撮った写真はすべてパァーということです。ま、仕方がありませんが、なんとなく胸にひっかっかっていて天気が良い日にもう一度行ってみました。色は褪めかけていましたがまあまあきれいでした。そして、時間もあったのでついでに小谷村の鎌池まで足を伸ばしてみました。鎌池は長野県でも紅葉の名所ですが、時期的にもう遅いのは承知で行ってみました。そして、鎌池を一回りして戻った時間が10時過ぎ、鎌池の近くには雨飾山の登山口があります。ついでに登ってみるか、という気になって登ってみた、という次第です。

中綱湖の紅葉。一週間前よりは色あせてしまいました。
18102801中綱湖C.jpg

鎌池の紅葉。もう終わりかけていましたが北側の楓がきれいでした。
18102806鎌池JJA1.jpg

池の近くからの雨飾山。
18102807雨飾山B.jpg

雨飾山は、20年ほど前になるでしょうか、登ったことがありました。やっと登って稼いだ標高を荒菅沢で下ってまた登る道行です。この急な上りはきつかったという記憶があります。今回は、装備も時間もないので頂上まで行くつもりはまったくありません。お昼頃まで歩いて帰る算段です。ま、荒菅沢の見えるところまで行ければばんばんざいでしょうね。最近、この手法(必ずしも頂上を目指すことなく時間で区切る)が気にいってます。行かなければならないという気負いが消えて楽なんですよね。(笑)

しばらく川沿いの平坦地を歩いてから登山道に入る。その入口。
18102809登山道CA入り口.jpg

ここからはいきなりの急坂で木の根の階段を縫うように登山道は続きます。ブナの林を抜けて行きますが見晴らしは良くありません。荒菅沢への下り道に来てパッと視界は開けます。

木の根の階段を行く。
18102813ブナ根の階段.jpg

木を利用して作った階段。作り方が見事で才と器用さのある人だな!と思いました。
18102813ブナ根の階段B.jpg

白樺林のような白がきれいなブナ林を抜けます。
18102809登山道Eブナ.jpg

パっと開ける視界。荒々しい雨飾山の一部と眼下の荒菅沢(右下方)。紅葉は終わっていました。
18102810荒管沢A.jpg

登山道は眼下に見える荒菅沢に一旦降りてから登ります。ですが下りずここで休憩して帰路につきました。午後1時前でした。下まで降りればもっと迫力のある景色が見えるのですが紅葉も終わっていますし、下りたらまた登り返さなければいけませんし、ま、ここまで来て雨飾山の山肌を見られれば万々歳です。わーい(嬉しい顔)
18102810荒管沢G.jpg

木の根っこは滑りやすく注意が必要です。枯れ葉も落ちていて見えないところがあるのです。この日も滑っている人を見ました。滑るといえば20年前に来た時、無事下山して駐車場に向かう何の変哲もない平坦地のぬかるみで滑ってころんだ相棒がいましたっけ(笑)。ま、分からないこともありません。滑りそうな場所はそれなりに神経を使い注意しますが、下山して気が緩んだのでしょう。ドロを払ってやりたかったのですが、なにしろレディーのお尻に触れることになりますので止めました。わーい(嬉しい顔)


posted by ペコム at 10:40| 山歩きや街歩き