2018年08月30日

みこしまくり

木曽福島の「みこしまくり」に行ってきました。

「みこしまくり」は木曽福島の水無神社のお祭りです。正確には平成の合併で木曽福島町は今は木曽町福島となりますがつい習慣で木曽福島と言ってしまいます。合併で無くなった町や村は全国どこにでもありますが、慣れるまではちょっと戸惑ってしまいますネ。また全国を旅していますと新しい名称の市町村に出くわしアレッと思うときもあります。
飛騨の国に一の宮の水無神社がありますが、こちらから勧進されたと神社略記にあります。ちなみに飛騨一の宮では「みなしじんじゃ」ですが、木曽福島は「すいむじんじゃ」で読み方が違います。日本語は難しいです。

「みこしまくり」は、お神輿を頬り投げたり転がしたりする珍しいお祭りです。横に転がすのを横まくり、縦に転がすのを縦まくりといって転がすたびにドタンドタンと大きな音がして特に縦まくりは迫力がありました。御岳山に拝礼してみこしまくりは始まります。そして、お神輿は街中を引き回されてまくられます。

横まくり
18072309横まくり.jpg

縦まくり
18072310縦まくり.jpg

みこしまくりが始まる前にお神輿に水をかけます。何故かと伺いましたら壊れにくくするための処置と危険防止も兼ねているとのお話でした。とはいえ、転がせば当然壊れます。修理しながらまた転がす、壊れた欠片は持ち帰るとお守りになるそうで、私もひと欠けら戴きました。神輿の材料は木曽なので檜かな?と思いましたら松(赤松)なんだそうです。檜はころがしに弱いと言っていました。

みこしを締めるため水をかける。
18072301お神輿D水かけ.jpg

隅々まで念入りにかけていました。
18072301お神輿DC.jpg

ひび割れたところを修理します。
18072307休憩どころD修理.jpg

壊れたところは外してゆきます。欠片は欲しい人に配られます。
18072307休憩どころC.jpg

祭りは7月23日に行なわれますが、くしくも大相撲7月場所では御当所関取の御嶽海が優勝したということもあって優勝祝いの垂れ幕や号外新聞で盛り上がっていました。
18072305御嶽海.jpg

号外。
18072305御嶽海A.jpg

まくられたお神輿は最後には水無神社に奉納されます。翌日の朝、神社を訪れましたら氏子さんたちが後片づけをしていました。お神輿は指定の台座にきちんと納められていました。

奉納されたお神輿。
DSC04369.jpg

屋根や飾り部分は無くなり、修理後も痛々しく、まくりの激しさが見えるようでした。
DSC04370.jpg

たしかに天下の奇祭というべきお祭りでございました。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 18:20| お祭りイベントなど