2018年08月20日

盛岡のさんさ踊り

八月の初めに盛岡のさんさ踊りを見てきました。

今年は梅雨明けが早く暑い夏が続きました。涼しい地方に避暑に行きたいなと思い始めるのです。また北海道にでも・・とも考えたのですが東北にしました。盛岡のさんさ踊りを思いだしたのです。さんさ踊りは以前に三ツ石神社の奉納踊りを見に行きました。本番の踊りも見てみたいな、と思ってはいたのですが機会がありませんでした。お祭りは8月の1〜4日に行われます。毎年固定です。最近の祭りは、諸事情で週末あるいは祝日に変更するケースがあるなかで固定日というのは分かりやすくていいと思います。

祭りのパレードは夜に始まるのですが、昼間(午後)も一部の会場で見られます。駅前の滝広場では伝統のさんさ踊りが披露されますのでそれも目当てとしました。他府県からは無料の臨時駐車場が何ヶ所か設置されますので助かります。盛岡には3日に入りました。駐車場のオープンは12時で早く着いたので待たされましたがそのうちの一つの下橋中学校に止めさせていただきました。午後は「駅前広場」へ、そして夕方から「メイン会場」とさんさ踊りを堪能してきました。

駅前の開運橋から見えた岩手山。
18080302開運橋A岩手山.jpg

「滝広場」ではミスさんさ集団を初め、各地の伝統さんさ踊りが披露されます。これがそれぞれに特徴があって興味深いものがありました。大黒舞のようなものもありましたし三本柳のさんさ踊りは飛び跳ねていました。それぞれの保存会には小さい子も出ていて継承者がいるのが大変頼もしいと思いました。

今年のミスさんさ踊りのみなさん。
18080304駅前ミスさんさA.jpg

乙部さんさ踊り保存会のみなさん。
18080310乙部さんさ.jpg

白沢さんさ踊り保存会の踊り。
18080309白沢さんさA.jpg

三本柳さんさ踊り保存会の踊り。飛び跳ねています。太鼓の人も飛んでいました。
18080311三本柳さんさA.jpg

土渕伝統さんさ踊り保存会のみなさん。
18080402瀧広場C土渕B.jpg

若手の踊り子、乙部さんさ踊り保存会。
18080310乙部さんさB.jpg

若手の踊り子、庄ヶ畑郷土芸能振興会。
18080312庄ヶ畑さんさ.jpg

若手の踊り子、清流。
18080313清流さんさ.jpg

土淵の伝承さんさ踊りは、最初の紹介で「ちちぶし」と聞こえたので(秩父)が頭に浮かんだのですが・・(けっしてアナウンスがなまっていたのではありません。アナウンスはきれいな標準語でありました。アナウンサーの方の名誉のために記しておきます)幟を見ると「土淵(つちぶち)」と書いてありました。私の聞き間違いでした。土淵というと遠野の土淵でしょうかねぇ〜。カッパとおしら様の遠野です。たしか、柳田国男の遠野物語の話し手であった佐々木某氏はその土淵の出であったと思います。遠野は盛岡からそんなに遠くはないのですが、さんさ踊りが伝承されているとは思いがけないことでありました。その他の伝承地もどの地方なのか知りたくなりました。

今回はここまでとし、また続きがあるかもしれません。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 16:57| お祭りイベントなど