2018年07月31日

遍路エピソード〜高野山町石道(3)

慈尊院を朝の5時にスタートして大門に到着したのは14時5分でした。予定より少しオーバーしたものの、ほぼ予定通りに来れたと言って良いかもしれません。

ですが、相当疲れました。ふらふら年々、疲れ方がひどくなっているように思います。ま、いずれ、登れなくなるでしょう。登っておいてよかったと思う時がやがて来るでしょう。
さて、大門が最終地ではありません。奥の院まで約5キロ残されていますので先に進みます。残りは町の中ですので坂はありませんが、帰りが気になります。バスの時間を確認すると最終は午後8時40分頃ですので時間はたっぷりとありますので気にしなくてよさそうです。根本大塔、金剛峰寺を見学しながら奥の院に向かいました。

高野山の入口「大門」。
18061402大門B.jpg

根本大塔と三葉の松。
18061404壇上伽藍FC.jpg

奥の院への一町石。ここからまた始まります。
18061405奥の院へA1町.jpg

高野山は、明日、お祭りだそうです。金剛峰寺ではその準備作業をしていました。そして、拝観料が無料でした。元々、拝観するつもりではありましたが、ラッキーなことでありました。ここでも外国人が目立ちます。一応、世界遺産ですから止むを得ないといったところでしょう。祭りの準備作業をしていた人と少し立ち話をしましたが、今夜は前夜祭となっていて暗くなると提灯が灯るのだそうです。(明日が祭りなら明日くれば良かったかも・・)などと話したら(明日は雨ですよ)と言われました。そういえば、明日から天候が崩れるので今日にしたんだったっけ、と思い返します。何事もそう都合よくはいきません(笑)。

金剛峰寺。
18061406金剛峰寺JA.jpg

お祭りの為に門前に並べられた桶。
18061406金剛峰寺JC桶.jpg

境内では杉の葉を並べる作業をしてました。
18061406金剛峰寺Cお祭り準.jpg

寺内は、生け花が飾られていました。
18061406金剛峰寺E.jpg

お祭りの名前は「青葉祭」。町で見かけたポスターです。
18061406金剛峰寺Kアオバ祭.jpg

なんやかんやで奥の院に到着したのは午後5時前、拝観ぎりぎりとなりました。慈尊院から時間にして12時間、歩数35430歩でした。帰りには暗くなり始めて前夜祭の提灯を見ようかな、とも考えたのですが、もうくたびれてしまって奥の院からバスに乗りケーブルと電車を乗り継いで道の駅に帰ったのは7時半をまわっていました。この日の総歩数は42700歩、さすがにへばりました。それでも無事にお礼参りが出来て良かったと思います。

奥の院への入口、一の橋。
18061408奥の院A一の橋.jpg

うっそうとした杉林の中を奥の院へ。
18061408奥の院E.jpg

此処からは撮影禁止の奥の院。
18061408奥の院H.jpg

暗くなって灯明がついた奥の院。
18061408奥の院J灯明.jpg

高野山口のケーブル。相当な傾斜がありました。
18061409ケーブルカーB.jpg

南海電車に乗り継ぎ九度山へ。
18061410南海電鉄A極楽橋.jpg

電車にも六文銭が付いていましたが、イスも六文銭柄でした。真田を出してますねぇ〜。
18061410南海電鉄C六文銭イ.jpg

九度山駅に着いたのは18:54でした。
18061410南海電鉄DB駅舎.jpg

四国八十八ヶ所の遍路旅もこれで一旦完結ですが、二度目を検討しています。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 09:17| 遍路エピソード