2018年07月25日

遍路エピソード〜高野山町石道(2)

高野山に向けて町石道(ちょういしみち)を歩いてきました。
夜が明けて明るくなってからのスタートです。しかもきっちりと5時に百八十町石を出発しました。一応、高野山入口の大門の到着は何の根拠もないのですが、早くて12時、遅くとも14時ぐらいかな、と思いました。

歩き始めてすぐトイレがあるので寄っておきました。ちょっとした公園になっていて駐車場もありました。先には展望台がありますのでその為かもしれません。車は道の駅に置いてきたのですが。此処でも良かったかな?と思いました。しばらくは登り道が続きます。久しぶりの山行き且つ昨今は歳のせいか上り坂がつらくなってきているのに加え、朝から蒸し暑くて調子があがりません。ふらふらそれでも一町ごとにある町石を見つけながら少しづつ登ります。

つらい登り道も約109メートルごとに町石がありますので気を紛らわせてくれます。もしかすると見つからなかったのかもしれませんが無くなったところもあったようで、180全部は無かったように思いました。人間は勝手なもので物事を都合よく解釈します。歩くのがつらくなると町石の数字も少なく見えます。(お、もう百三十台まで来た)と思ったら百五十台だったり、特に五を三と見間違えました(笑)。

町石と町石道。
18061401町石道.jpg

三と五が紛らわしい町石。百三十九に見えた実際は百五十九町石。
18061401町石道C139町.jpg

百六十六町過ぎにポイントの「展望台」があり、百五十町あたりまで急坂が続きます。百三十七町のポイント「六本杉」への階段を登って丹生都姫神社との分岐点に到着、時刻は7:15、約2時間かかりました。ここからは平坦な道が続き次のポイント「神田地蔵堂(百十町)」に着いたのは8:45でした。ここはトイレポイントでもあり休憩をしました。近くの畑で農作業をしているおじさんと少しお話しをしましたら、ここまでで約1/3の工程なのだそうです。とすると残り2/3を考えると時間的にお昼過ぎの到着は無理だ・・と観念しましたが、後の道はほとんど平坦だそうで(大丈夫、大丈夫・・)と励まされました。

展望台からは、くねくねと紀の川が見えました。朝の光で反射してきれいでした。
18061401町石道A紀の川.jpg

丹生都姫神社への分岐点、六本杉の地点。
18061401町石道J六本杉.jpg

平坦な道だと現金なもので余裕がでてきます。わーい(嬉しい顔)一町を何歩で歩けるか数えてみたりしました。だいたい120〜130歩程度で次の町石が現れます。が、結構バラツキがあり少ない時は110歩足らず、多い時は150歩を超える時もありました。設置できないほどの崖地などもありますし、ま、目安程度に考えた方がいいのかもしれません。

平坦とはいえところどころに急な上り坂もあって12時を過ぎたあたり(四十一町石)から足も重くなってついつい下を向いて歩きます。そんな時、元気をもらえるのが名も知らない小さな花たちでした。時にササユリを見つけたり、二十五町付近の急な坂道でへばっている時に見つけたギンリョウソウは思わず下を向いてて良かったと思ったほどでした。これこそラッキーな出会いで元気をもらいました。

八十六町石あたりの笠木峠。平坦で快調に進む。
18061401町石道MG笠木峠.jpg

国道と交差する矢立(六十町付近)。ここからまた急坂が続いて一気に疲れが・・。
18061401町石道OB.jpg

三十九町付近の展望景色。
18061401町石道PD景色.jpg

疲れもピークの二十五町付近で見つけたギンリョウソウ。
18061401町石道QB1.jpg

そして、最後の最後、一番きつい坂道を登って大門に到着しました。14時05分でした。赤い大きな大門が現れた時はへろへろで疲れていただけにほっとしました。もうやだ〜(悲しい顔)

さいごの最後のきつい急坂。
18061401町石道R最後の急坂.jpg

赤い大門が見えた時は、ほんとにうれしかった。わーい(嬉しい顔)
18061401町石道S大門.jpg

実は大門は七町で起点は根本大塔ですのでまだ先があります。そして、奥の院は、さらに三十六町の先にありますので合わせて四十三町(約5キロ)の距離があるのです。つづく・・・。

posted by ペコム at 19:11| 遍路エピソード