2018年05月08日

旧北国街道大聖寺散策

石川県の加賀市に大聖寺という城下町があります。そこにある菅生石部神社に寄りました。
門前に地図があり神社は「旧北国街道」沿いにあることを知りました。北国街道は長野県にもありちょっと不思議な感覚になりました。というのはこの辺りは「北陸街道」じゃなかったのかな?という単純な考えがよぎったからです。地図を見ますと街道沿いに行けば城跡(大聖寺城)にたどれます。が、大聖寺川沿いに下っても城跡に行けますので、ぐるりと一回りしてみよう、と思いつきました。

今は加賀市ですが、昔は大聖寺町だったとのことです。加賀は一向一揆の名残があちこちにあり、大聖寺のお城も一向一揆の軍事拠点であったと書いてありました。この先の吉崎御坊も蓮如上人のゆかりの場所です。一向一揆というと本願寺、織田信長と連想しますが、内容は良く知りません。ま、いずれにしろ、地図をたよりにぶらぶらと散策することにしました。
大聖寺川の土手を歩いていますと海に向かっているせいでしょう、高い山や建物もありませんので空が広く感じられます。ツバメが飛び回り、ヒバリの声が聞こえ、天気もいいし散策日和です。今に思うことではありませんが、こんな田舎道を歩いているとリフレッシュされます。ストレス解消にもってこいであり私の生に合っていると思います。都会は歩くだけで疲れるのでシティボーイにはなれないということでしょう(笑)。最近は観光地も人が多くてげんなりすることが多くなりました。静かなところが魅力のはずの場所も人だらけではがっかり致します。
周りが平地ですから大聖寺城跡の高台はすぐに分かります、遠目にもあれだろうと見当がつきました。平日ということもあろうかと思いますが、城跡は静かでした。隣にある学校の生徒たちの元気な声が届いてきます。その後の街道も静かで落ち着いた街でした。わーい(嬉しい顔)

菅生石部神社。
18042052菅生石部神社.jpg

神社前の旧北国街道の案内図。この地図は各ポイントに置いてありました。
18042052菅生石部神社B地図.jpg

大聖寺川の土手より。左手のこんもりした山が城跡です。
18042055土手C.jpg

大聖寺城跡の入口。
18042058大聖寺城址C.jpg

城跡の下には学校があり生徒の声が聞こえてきます。
18042058大聖寺城址G.jpg

近くの桜並木。今年はさくらの開花が早く葉桜でした。
18042059桜並木A.jpg

旧北国街道沿いの格子戸の家。
18042061北国街道CD.jpg

大聖寺旧北国街道のシンボル、時鐘堂。
18042061北国街道A.jpg

桜並木の川沿いにぶらぶらと山下神社などを寄り道していたら街道が分からなくなって検討をつけた道を歩いていました。道沿いのお父さんに「北国街道はこの道でいいのでしょうか」と尋ねたら「さあ〜?」との返事です。北国街道があること自体知らない様子で、とりあえず、駅の方向を聞いたら「戻って左の道」というので戻りました。が、山の下寺院群の看板が出てきたので地図を確認しましたら、やっぱりさっきの道で良かったのでした。地元でも旧北国街道は知られていないのでしょうかねぇ〜。それとも引っ越してきたばっかりだったとか?、ま、いずれにしろ静かな街でした。がく〜(落胆した顔)

大聖寺城跡ではサギのコロニーがありました。コロニーとは集団営巣、つまり巣の団地です。そしてイチリンソウが咲いていました。おまけはこの二つです。
サギのコロニー、アオサギとダイサギです。
18042057サギコロニーB.jpg

イチリンソウ。
18042058大聖寺城址Lイチリ.jpg

posted by ペコム at 14:27| 山歩きや街歩き