2018年05月06日

雄島祭り

福井県の平泉寺白山神社を目指していた時のことです。
混雑必死の金沢を抜けるのに、遠回りですが海岸線を行くことにしました。国道8号線の方が行きやすいのですが海のない長野県に住んでいるとついつい海を見たくなってしまうのです(笑)。

とりあえず三国までは海岸線をと海沿いを走ります。途中、東尋坊の看板が出て曲がろうか曲がるまいかと迷った結果、寄るつもりはなかったのですが時間もあったので曲がってしまいました。越前松島のあたりの公園にトイレがあったので寄りました。その公園の前の海岸に降りる道の入口にのぼりが立っていて「大湊神社」と書いてありました。お祭りかも?とお昼前でしたしちょっと寄ってみる気になり行ってみました。

道に入ってすぐ通行止めでした。係員の方に(神社まで行きたい)と話したら「そこの駐車場に車を止めて歩いてください」と云われました。ぶらぶらと歩いて行くと赤い橋が見えて鯉のぼりが泳いでいます。大湊神社はこの赤い橋を渡った雄島の中にありました。島を一回りして神社に戻ってくると笛の音と掛け声が聞こえてきます。ここから橋は見えませんがどうやらお神輿が橋を渡って神社に向かっているようでした。あわてて入口まで行ってみますと子供神輿が階段の下までやって来てます。やっぱりお祭りだったんだね、とその時初めて知りました。お祭りに付き物の屋台も見なかったし雰囲気も感じなかったのでまったく気がつきませんでした。もしかするとこの階段を登ってくるのかな?と思い待ち構えていましたが神輿はUターンしてしまいます。子供には急な階段であぶないかもしれませんね。たらーっ(汗)

雄島と赤い橋と鯉のぼり。
18042003雄島A.jpg

大湊神社の鳥居。
18042003雄島H.jpg

やってきた子ども神輿、だが階段下までで戻ってしまいました。
18042004大湊神社C.jpg

この頃になると人出も増えカメラマンもいてお祭りらしくなってきました。お神輿は一旦島で休憩してまた橋を渡って戻るというので先回りして待ち受けました。

橋を渡る子供神輿。
18042001雄島祭りBD.jpg

いろいろと話を聞きますと、この後、女神輿、男神輿と続いて男神輿は海の中に入るのだ・・そうです。これは見なくてはなるまい、と思ったのですが、海の中に入るのは夕方になるそうで、現在2時前、さてどう時間をつぶそうか、ということです。考えた結果、東尋坊までの荒磯遊歩道を散策することにしました。東尋坊は寄る予定はなかったのですが結局来てしまいました。やはりアジア系外国人が目立ちます。

雄島の周辺地図。
18042003雄島D.jpg

東尋坊に向かう荒磯(あらそ)遊歩道の入口。
18042006荒磯遊歩道A.jpg

東尋坊から雄島を望む。赤い橋が見えます。
18042007東尋坊B雄島.jpg

再び、雄島に戻ったのは4時半ころでした。男神輿はすでに橋を渡ってこれから戻って海に入るとのことでした。男神輿が戻ってからもしばらくの間、お菓子投げのアトラクションなどがあってなかなか入りません。じらされますねぇ〜。お菓子拾いに私も参加して一個だけゲットしたりしてる内、神輿が海に向かいます。

人出も増え賑やかになった橋の前。
18042001雄島祭りD.jpg

男神輿が帰って来ました。
18042001雄島祭りEB.jpg

神輿は船の形をしてました。
18042001雄島祭りEC.jpg

お菓子なげのアトラクション。子供がいっぱいです。
18042001雄島祭りEF.jpg

海に入る男神輿。
18042001雄島祭りFD.jpg

神輿は港の小さな岩の上から岸に上がります。今年は桜も早く咲くほど暖かかったとはいえ、まだ4月、海は冷たいでしょう。このあと焚火で体を温めて祭りは終了となりました。

岸に上がる男神輿。
18042001雄島祭りFK.jpg

その先には東尋坊のタワーが見えてます。
18042001雄島祭りGC.jpg

島から東尋坊寄りの集落にも大湊神社があり、こちらには屋台が出ていました。例祭もこちらが主で神輿が出たのもこちらからではなかったのかとの推測です。帰る頃には陽も沈み、夕日がきれいでした。わーい(嬉しい顔)

雄島に沈む夕日。
18042062雄島の夕日E.jpg


posted by ペコム at 17:07| お祭りイベントなど