2018年05月03日

山歩き〜四阿屋山

先日、冠着山に行きましたが、筑北三山の一つと知りました。
残る二つは何かというと、「聖山」と「四阿屋山」だということも同時に知りました。
「聖山」は以前に登ったことがあります。ならば残る「四阿屋山」も登ってみましょうと登ってきました。

そもそも「筑北(ちくほく)」って何なの?と思われる方に、簡単に言いますと昔、長野県一部は、筑摩(つかま)県と呼ばれた時代があり、その北の区域という地方名・・と思います。いずれにしろ三山と言われるくらいですので、昔からこの地域では目立つ山であった、ということだと思います。

旧坂井村(現筑北村)にある温泉施設「草湯温泉冠着荘」の前から入る漸々沢(ようようざわ)からの草湯温泉コースを登りました。尾根に出るまでは谷の荒れた道、しかも枯れ葉が積もっていて道とは分からない中を探りながら、且つ急な斜面を登ります。雨が降れば沢になるのではと思いました。多分、雨が降るたび道は崩れてしまうのでしょう。木の枝につるされた目印のリボンを頼りに登ります。急斜面はすぐ息が切れてしまうこの頃ですので休み休みゆっくりと登りました。

冠着荘前の看板。
18042901四阿屋山.jpg

林道の駐車場のわずかなスペースに止める。
18042901四阿屋山B駐車場.jpg

林道の突き当りの登山道の標識。
18042901四阿屋山C登山口.jpg

急な谷底を登る。
18042903登山道A底.jpg

やっとのことで尾根に出ましたが、この尾根がまた長いのです。頂上かな?と見える急坂を3度ほど超えました。赤松や唐松を中心とした樹林帯を行きますので展望は良くありません。わずかに一ヶ所だけ展望台があり、そこからは北アルプスが望めました。長い尾根も最後の急坂ではカタクリとヒメイチゲの花が迎えてくれ急坂も一瞬ですが忘れました。頂上直下には四阿屋山神社があり最後の階段(数えたら48段ありました)を登り神社の裏が頂上です。

尾根に出たところに鳥居がありました。
18042903登山道B.jpg

最後の階段。
18042903登山道GB.jpg

頂上。
18042903登山道H頂上.jpg

頂上付近はブナの木があり大木もありました。展望は良くありません。わずかに神社の前から北側が望め、冠着山が見えました。途中の展望台からは北アルプスの手前に聖山も見えてましたので筑北三山は近距離にあるということが分かります。

ブナの大木。
18042903登山道HAブナ.jpg

神社前からの冠着山。正面の三角形の山が冠着山。
18042903登山道GE冠着山.jpg

展望台からの聖山。右側の平たい台形の山が聖山。
18042903登山道K聖山.jpg

この日、駐車場で鳴いていたオオルリを初め出会った野鳥は20種、中でも特筆は下山中の尾根で会ったイスカです。幼鳥が混ざっていたようで餌やりのような場面がありました。松の木の暗い中でしたので鮮明には撮れませんでしたが、証拠写真にはなるでしょう。こういう場面に出会うこともありますので山歩きは楽しいです。わーい(嬉しい顔)
ということで、不鮮明ながらその写真をおまけに載せておきます。
18042812イスカHA.jpg



posted by ペコム at 13:46| 山歩きや街歩き