2018年04月07日

伏見稲荷から東福寺へ

先月のこと、京都の伏見稲荷に行きました。ところ、
境内の四つ辻で「東福寺への道標(京都トレイル)」を見つけたのが運のつき、ついつい、いつものみち草ぐせが出てしまい東福寺に向かいました。猫

まだ朝早い伏見稲荷。
18031401伏見稲荷A.jpg

お決まりの千本鳥居。
18031401伏見稲荷DC.jpg

一回りして帰りの四つ辻で見た「京都トレイル」の道標。
18031401伏見稲荷Pトレイル.jpg

伏見稲荷は人気のスポットなので人出を避けて朝早くに来たのですが、それでも多くの参拝者(特に外国人が目立ちます)がいました。稲荷山の上まで行って四つ辻まで戻って来た時、四つ辻の休憩所は人でいっぱいでした。「京都トレイル」の道標を見て東福寺に向かう気になったのは、わき道好きが出たこともありますが、人出の多い伏見稲荷を避けたかったのかもしれません。なにせ、人だらけの稲荷道に比べトレイル道は誰もいませんからネ。大まかな地図で確かめるとどうやら伏見から一駅先に東福寺があるようです。ま、一駅くらいなら歩きましょう、そうしましょう。ということで稲荷から別れました。(静か〜)

東福寺へのトレイル道。
18031401伏見稲荷PA.jpg

誰もいない静かな山道を下り閑静な住宅地を過ぎると長い土塀が現れ中には大きな山門が見えました。そこが「東福寺」でした。
18031402東福寺へB.jpg

土塀の中には大きな山門が見えました。
18031402東福寺へBA.jpg

入口に回ると今日は「大涅槃像」の御開帳の日になっていました。なんとラッキーなことでしょう。
18031401長福寺C開帳.jpg

「大涅槃像」は撮影禁止で写真はありませんが、4〜50畳?もあろうかと思われる非常に大きなものでした。どこかで目にしたような気もしますし、おそらく有名なものなんでしょう。本堂も大きくりっぱですし、奥の本坊庭園もきれいでした。

本堂。
18031402東福寺へE.jpg

本坊庭園。
18031403東福寺C.jpg

京都は何度か来ていますが、有名どころを流すように訪れただけでした。気づかぬ場所にも立派なお寺があり、奥が深いな!と思いました。今年は、時間がとれればできるだけ京都を訪れようと考えています。わーい(嬉しい顔)

考えてみれば、四つ辻で回り道した為、御朱印をもらっていませんでした。再び、伏見稲荷を訪れましたが、その人出の多さにビックリ、御朱印をもらいながら神職の人に尋ねたら、約7〜8割は外国人とのことでした。ほんとに驚く現象です。ふらふら

すごい人出、まるでお祭りみたい。
18031402伏見稲荷B.jpg

おまけに御朱印も載せちゃおう。
18040702御朱印.jpg

posted by ペコム at 15:29| みちくさ話