2019年05月01日

万歩計ただたか君

平成の時代も終わり令和になりました。巷では平成の最後に何をするかとか、どう過ごすとか、とか大騒ぎでしたが、私はいつもと変わらず普通の日でした。猫

平成も終わろうとする4月の下旬でしたが、たまたま入ったリサイクルショップで万歩計を見つけ、ついこの間、無くしたばかりでしたので思わず買っちゃいました。万歩計は普段も時計変わりにしていますので常時持ち歩いていますが、良く無くしてしまいます。もう、4〜5個は落としているかと思います。前回のはひも付きクリップで対応したのにもかかわらずひと月もしないうちに無くしてしまいました。
万歩計という表示につられて買ったのですが、この「ただたか君」、家に帰って開けてみますと、ゲーム感覚となっていて日本地図をつくろう!というコンセプトになっていました。使用してみるとその時々でコメントが表示されて今までの万歩計とはちょっと違います。
「ガンバレ」とか「ドリョクセヨ」とか画面に出てきます。ある時「ヨクヤッタ」と出ていたので歩数をみましたら一万歩を越えていました。さらに「アッパレ」とあったのでみたら一万五千歩を越えていましたのでそのコメントであろうと思います。これはたしかに今までの万歩計とは違います。さらに二万とか三万歩とかになったら何とコメントがつくんでしょうか、ちょっと興味が出てきます。

900円で売っていた、万歩計「平成の伊能忠敬」くん。
19043001ただたか君.jpg

一万歩を越えたから(たぶん?・・)「ヨクヤッタ」の画面。
19042813ヨクヤッタ10000歩.jpg

さらに一万五千歩を越えたから?と思われる「アッパレ」の画面。
19042814アッパレ15000歩.jpg

そこで、ふと思ったのが、時代が「令和」になった5月1日にリセットしてみよう!ということでした。令和元年から歩き始めてどこまで地図ができるか、ちょっと面白いかも!と思いました。日本地図を完成するまでの距離は約19,000キロメートルとのこと。仮に歩幅が60センチとして一日一万歩を歩いたとすると約6キロ、一年で2190キロ、すると計算上では8年半かかります。毎日毎日一万歩は難しいと思いますので平均して5000歩としましょうか、すると約17年もかかります。おそらく生きていないでしょうネ(笑)。たらーっ(汗)
忠敬が測量を始めたのは56歳の時、九州の測量は65を超えていたといいますから、当時の平均年齢から考えれば試してみてもいいかなと思います。ま、どこまで行くか挑戦してみるのも面白いかも・・。万歩計は東京を出発して反時計まわりに日本地図を作る設定となっています。北海道くらいまでは、あわよくば日本海に出て能登半島まで・・来れれば万々歳だと思います。手(チョキ)

果たして・・いかに相成るか・・?。とりあえず一年後に報告したいと思います。わーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)


posted by ペコム at 08:20| みちくさ話