2019年03月25日

信州の河津桜

信州にも河津桜があると聞いて行ってみました。

「春分の日」の頃、各地で桜の開花宣言も出て春めいてきました。その二週間ほど前・・、テレビで「河津桜が咲き始めました」というニュースが流れていました。あれ?河津桜はもうとっくに終わったはずではなかったかな?と見ていましたら、長野県の河津桜のことでした。(へ〜え、長野県にも河津桜があるんだ)と初めて知りました。見ごろは一週間後くらいになるのでは・・と締めくくっていました。(ならば行ってみるかな)と思いましたが、その一週間後の穂高は朝から雪で真っ白、しかも二日続きの雪で冬に逆戻りの様相でした。で、止めました。最近、寒冷アレルギーで寒いのは苦手なのです。心が折れてすぐ変更してしまうのです。(笑)

そして、次の週、ソメイヨシノの開花宣言の一報で思い出したのが信州の河津桜でした。あれからもう二週間も経ってますので終わったであろう?と思いましたが、ダメもとで行ってみる気になりました。場所は遠山郷、いわゆる南信と呼ばれる長野県の南です。長野県は広いので穂高からは遠い場所です。日帰りはきついですね。遠山郷は行ったことはありませんので桜がダメなら散策でも・と考えて行きました。

秋葉街道の和田宿を流れる遠山川の堤防沿いに桜は植えられていて「道の駅」の裏手にあるとのこと。目指すは「道の駅」です。この日は前日の春日のような暖かった日に比べ一転して寒い日でした。もう終わったかと思っていた河津桜は咲いていました。花は散ってもいず、つぼみもあり多分八分咲きくらいでした。八分咲きが満開と云いますからまさに見ごろでした。寒い日があった為、花持ちが良かったのかもしれませんね。河津桜はピンク色が濃くてまさに桜色でした。花の蜜が大好きなヒヨドリ、メジロも盛んにやって来て賑やかでした。

遠山郷の「河津桜」。
19032208河津桜C.jpg

遠山川の土手沿いの桜並木。
19032205河津桜.jpg

ピンク色の濃い花できれいでした。蕾もありました。
19032205河津桜Hアップ.jpg

花に来た「ヒヨドリ」。
19032205河津桜GBヒヨドリ1.jpg

花の蜜を吸う「メジロ」。
19032201桜メジロAA.jpg

ただ、木も若く、また並木の数も少なく距離にして百メートルほどでしょうか、別の土手にも植えてありましたが、規模は小さなものでした。伊豆の河津の桜並木をイメージしてはいけません。信州の遅い春をピンク色で感じるだけでいいのではないでしょうか。わーい(嬉しい顔)

和田城の高台から見る遠山川の河津桜並木。桜の横の建物は道の駅の「かぐらの湯」。
19032208河津桜.jpg


posted by ペコム at 11:23| 鳥虫花木など自然系

2019年03月06日

春よ来い

今日、3/6は「啓蟄」です。

寒い、寒いと出不精になっているうちに3月になってしまいました。
「啓蟄」は二十四節気の一つで虫も動き出す頃といいます。私もそろそろ動きましょうか。(笑)
ということで、庭で春を探してみました。
マンサクは、もうとっくに咲いていますが、フクジュソウが咲き始めました。

マンサクの花
19030602マンサク庭.jpg

フクジュソウ
19030601フクジュソウ庭.jpg


posted by ペコム at 18:01| 鳥虫花木など自然系