2018年07月31日

遍路エピソード〜高野山町石道(3)

慈尊院を朝の5時にスタートして大門に到着したのは14時5分でした。予定より少しオーバーしたものの、ほぼ予定通りに来れたと言って良いかもしれません。

ですが、相当疲れました。ふらふら年々、疲れ方がひどくなっているように思います。ま、いずれ、登れなくなるでしょう。登っておいてよかったと思う時がやがて来るでしょう。
さて、大門が最終地ではありません。奥の院まで約5キロ残されていますので先に進みます。残りは町の中ですので坂はありませんが、帰りが気になります。バスの時間を確認すると最終は午後8時40分頃ですので時間はたっぷりとありますので気にしなくてよさそうです。根本大塔、金剛峰寺を見学しながら奥の院に向かいました。

高野山の入口「大門」。
18061402大門B.jpg

根本大塔と三葉の松。
18061404壇上伽藍FC.jpg

奥の院への一町石。ここからまた始まります。
18061405奥の院へA1町.jpg

高野山は、明日、お祭りだそうです。金剛峰寺ではその準備作業をしていました。そして、拝観料が無料でした。元々、拝観するつもりではありましたが、ラッキーなことでありました。ここでも外国人が目立ちます。一応、世界遺産ですから止むを得ないといったところでしょう。祭りの準備作業をしていた人と少し立ち話をしましたが、今夜は前夜祭となっていて暗くなると提灯が灯るのだそうです。(明日が祭りなら明日くれば良かったかも・・)などと話したら(明日は雨ですよ)と言われました。そういえば、明日から天候が崩れるので今日にしたんだったっけ、と思い返します。何事もそう都合よくはいきません(笑)。

金剛峰寺。
18061406金剛峰寺JA.jpg

お祭りの為に門前に並べられた桶。
18061406金剛峰寺JC桶.jpg

境内では杉の葉を並べる作業をしてました。
18061406金剛峰寺Cお祭り準.jpg

寺内は、生け花が飾られていました。
18061406金剛峰寺E.jpg

お祭りの名前は「青葉祭」。町で見かけたポスターです。
18061406金剛峰寺Kアオバ祭.jpg

なんやかんやで奥の院に到着したのは午後5時前、拝観ぎりぎりとなりました。慈尊院から時間にして12時間、歩数35430歩でした。帰りには暗くなり始めて前夜祭の提灯を見ようかな、とも考えたのですが、もうくたびれてしまって奥の院からバスに乗りケーブルと電車を乗り継いで道の駅に帰ったのは7時半をまわっていました。この日の総歩数は42700歩、さすがにへばりました。それでも無事にお礼参りが出来て良かったと思います。

奥の院への入口、一の橋。
18061408奥の院A一の橋.jpg

うっそうとした杉林の中を奥の院へ。
18061408奥の院E.jpg

此処からは撮影禁止の奥の院。
18061408奥の院H.jpg

暗くなって灯明がついた奥の院。
18061408奥の院J灯明.jpg

高野山口のケーブル。相当な傾斜がありました。
18061409ケーブルカーB.jpg

南海電車に乗り継ぎ九度山へ。
18061410南海電鉄A極楽橋.jpg

電車にも六文銭が付いていましたが、イスも六文銭柄でした。真田を出してますねぇ〜。
18061410南海電鉄C六文銭イ.jpg

九度山駅に着いたのは18:54でした。
18061410南海電鉄DB駅舎.jpg

四国八十八ヶ所の遍路旅もこれで一旦完結ですが、二度目を検討しています。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 09:17| 遍路エピソード

2018年07月28日

ある日突然・・・

看板がかかったの〜るんるん(トアエモア風に・・笑)

ある日のこと、ふと気づきました。
家の前の防犯灯に何かがかかっていたのです。
何かな〜?と見てみると「熊の出没注意の看板」でした。
最近、この辺りで熊でも出たのかな?と気になりました。

防犯灯に付けられた看板。
18072601熊の看板.jpg

熊出没注意の看板でした。
18072601熊の看板A.jpg

隣近所でも話題になりましたが、現在のところ今年の熊の出没はなく、
1、過去に出没した付近に注意喚起の看板を建てた、のかも・・・。
    この付近ではゴミステーションに出没したことがある。
    リンゴ畑にも出没し被害が出た。などがあります。
2、川は熊の通り道なので出没の可能性があり注意喚起で付けた、のかも・・・。
    この辺りは北と南側に農業用水の小さな川が二つ流れています。

ということで話し合っています。
ま、とにかく気をつけましょう。がく〜(落胆した顔)


posted by ペコム at 15:46| その他いろいろ

2018年07月25日

遍路エピソード〜高野山町石道(2)

高野山に向けて町石道(ちょういしみち)を歩いてきました。
夜が明けて明るくなってからのスタートです。しかもきっちりと5時に百八十町石を出発しました。一応、高野山入口の大門の到着は何の根拠もないのですが、早くて12時、遅くとも14時ぐらいかな、と思いました。

歩き始めてすぐトイレがあるので寄っておきました。ちょっとした公園になっていて駐車場もありました。先には展望台がありますのでその為かもしれません。車は道の駅に置いてきたのですが。此処でも良かったかな?と思いました。しばらくは登り道が続きます。久しぶりの山行き且つ昨今は歳のせいか上り坂がつらくなってきているのに加え、朝から蒸し暑くて調子があがりません。ふらふらそれでも一町ごとにある町石を見つけながら少しづつ登ります。

つらい登り道も約109メートルごとに町石がありますので気を紛らわせてくれます。もしかすると見つからなかったのかもしれませんが無くなったところもあったようで、180全部は無かったように思いました。人間は勝手なもので物事を都合よく解釈します。歩くのがつらくなると町石の数字も少なく見えます。(お、もう百三十台まで来た)と思ったら百五十台だったり、特に五を三と見間違えました(笑)。

町石と町石道。
18061401町石道.jpg

三と五が紛らわしい町石。百三十九に見えた実際は百五十九町石。
18061401町石道C139町.jpg

百六十六町過ぎにポイントの「展望台」があり、百五十町あたりまで急坂が続きます。百三十七町のポイント「六本杉」への階段を登って丹生都姫神社との分岐点に到着、時刻は7:15、約2時間かかりました。ここからは平坦な道が続き次のポイント「神田地蔵堂(百十町)」に着いたのは8:45でした。ここはトイレポイントでもあり休憩をしました。近くの畑で農作業をしているおじさんと少しお話しをしましたら、ここまでで約1/3の工程なのだそうです。とすると残り2/3を考えると時間的にお昼過ぎの到着は無理だ・・と観念しましたが、後の道はほとんど平坦だそうで(大丈夫、大丈夫・・)と励まされました。

展望台からは、くねくねと紀の川が見えました。朝の光で反射してきれいでした。
18061401町石道A紀の川.jpg

丹生都姫神社への分岐点、六本杉の地点。
18061401町石道J六本杉.jpg

平坦な道だと現金なもので余裕がでてきます。わーい(嬉しい顔)一町を何歩で歩けるか数えてみたりしました。だいたい120〜130歩程度で次の町石が現れます。が、結構バラツキがあり少ない時は110歩足らず、多い時は150歩を超える時もありました。設置できないほどの崖地などもありますし、ま、目安程度に考えた方がいいのかもしれません。

平坦とはいえところどころに急な上り坂もあって12時を過ぎたあたり(四十一町石)から足も重くなってついつい下を向いて歩きます。そんな時、元気をもらえるのが名も知らない小さな花たちでした。時にササユリを見つけたり、二十五町付近の急な坂道でへばっている時に見つけたギンリョウソウは思わず下を向いてて良かったと思ったほどでした。これこそラッキーな出会いで元気をもらいました。

八十六町石あたりの笠木峠。平坦で快調に進む。
18061401町石道MG笠木峠.jpg

国道と交差する矢立(六十町付近)。ここからまた急坂が続いて一気に疲れが・・。
18061401町石道OB.jpg

三十九町付近の展望景色。
18061401町石道PD景色.jpg

疲れもピークの二十五町付近で見つけたギンリョウソウ。
18061401町石道QB1.jpg

そして、最後の最後、一番きつい坂道を登って大門に到着しました。14時05分でした。赤い大きな大門が現れた時はへろへろで疲れていただけにほっとしました。もうやだ〜(悲しい顔)

さいごの最後のきつい急坂。
18061401町石道R最後の急坂.jpg

赤い大門が見えた時は、ほんとにうれしかった。わーい(嬉しい顔)
18061401町石道S大門.jpg

実は大門は七町で起点は根本大塔ですのでまだ先があります。そして、奥の院は、さらに三十六町の先にありますので合わせて四十三町(約5キロ)の距離があるのです。つづく・・・。

posted by ペコム at 19:11| 遍路エピソード

2018年07月22日

遍路エピソード〜高野山町石道(1)

梅雨の晴れ間の6月半ば、四国遍路の仕上げに高野山に登ってきました。

四国の八十八ヶ所と高野山のつながりはもちろん弘法大師です。四国遍路には最低限のルールがありますが、最後に高野山の奥の院にお礼参りをするのが最後のルールです。高野山へは車でも行けますし電車とケーブルでも行けます。が、もちろん歩いて行くことを目指しました。その徒歩道も七つあるようですが、一番ポピュラーで表参道となる「大門口(町石道)」を行きました。

町石道はどう読むんでしょう?・・・難しいですねぇ〜、私は読めませんでした。この道には一町(約109m)ごとに石が立てられているのでこの名がついているのです。ですので一町(ちょう)ごとに石(いし)が立っている道(みち)ということで町石道(ちょういしみち)と読みます。空海が木製の卒塔婆を建てて道しるべにしたのが始まりで鎌倉時代になって朽ちた木の代わりに石で作った五輪塔になりました。高野山の根本大塔から麓の慈尊院まで180町石を建てて、しかも胎蔵界180尊にあててありますので梵字が刻まれている五輪塔の町石はそれぞれが仏様にあたるとされます。本来なら1町ごとに読経をしなければならないのかもしれません。
単純計算で180町×109m=約20キロの山道となります。一日がかりの道行です。高野山に泊まるのならそれほど気にすることもないのでしょうが、車中泊の貧乏旅では車に戻らなければなりませんから往復で考えなければなりません。できるだけ朝早くの出発を考えて慈尊院を5時に出立することにしました。何の根拠もないのですが、大門には早くて12時、遅くても14時に到着かな?と目標を設定していざ出発です。

町石道の起点となる慈尊院。
18061306慈尊院A.jpg

慈尊院は女人高野で有名です。おっぱい絵馬が象徴的です。
18061309おっぱい絵馬.jpg

慈尊院の境内の先に丹生神社があります。明治以前は神仏混合でしたからお寺の中に神社があっても不思議ではありません。その神社への階段の途中に180町石があります。ここが町石道の起点となります。
18061308町石道C.jpg

鳥居の横に道があり起点となる町石も見えました。
18061308町石道A.jpg

町石には百八十町と刻んでありました。
18061308町石道B.jpg

と、今回はここまでにして・・・、昔の船着き場の紹介です。慈尊院から真っ直ぐ行くと紀の川にぶつかります。昔はここまで船で来て高野山に向かったとのことです。今は面影はありませんでしたが、わずかに石部りや高野街道の道標がありました。

紀の川と船着き場の跡。
18061304紀の川A.jpg

船着き場から真っ直ぐに慈尊院はありました。
18061305慈尊院へ.jpg

近くには高野街道の道標がポツンと・・・。
18061305慈尊院へB.jpg

そして慈尊院の正面へ。
18061305慈尊院へC.jpg


posted by ペコム at 10:18| 遍路エピソード

2018年07月07日

寝不足は続く

サッカーのワールドカップで寝不足です。
目がしょぼしょぼしています。
日本は惜しくも負けましたが良く頑張った!と思います。もうやだ〜(悲しい顔)

トーナメントは、準々決勝に入り試合の間隔も開いてきましたのでそろそろ寝不足も解消か・・と思いきや、ウインブルドンが始まって寝かせてくれないのだ!。ふらふら

まだまだ寝不足は続く・・・。たらーっ(汗)たらーっ(汗)

posted by ペコム at 09:37| 日記