2017年01月06日

霧の高千穂峰

昨年のことですが、剣が突き刺さっている「天の逆鉾」でも有名な高千穂の峰の登ってきました。

霧島神宮に参拝した折、現在の宮は三代目であって旧宮跡が霧島山のふところにあることを知りました。霧島山はこのあたりの総称で、その中の高千穂峰(1574m)は坂本竜馬が登った山として有名です。一度は登ってみたいな!と思ってはいたのですが、この日は朝から雨模様の曇り空。天候はイマイチで登る気はなかったのですが霧島神宮の元宮跡は見ておきたいなと、高千穂河原に向かいました。
高千穂河原の駐車場は予期していなかった有料でした。宮跡を見るだけではもったいない気がしますし山はガスってますし引き返そうかとも思いましたが、次はないかもしれないと急にスイッチが入り登ることといたしました。ビジターセンターで簡単なレクチャーを受け「私でも一時間半くらいで登れます、午後には晴れる予想です」と励まされて10時半ころだったでしょうか出発しました。

樹林帯を登っている間はよかったですが、抜けたあたりから急に勾配がきつくなりしかも溶岩がごろごろとし足場悪し、風が強く寒さが増し、しかもガスで前が見えず最悪でした。ビジターセンターの方から黄色い目印から外れないようにとくれぐれも注意されたことを思い出しながら休み休み登りました。いかに寒かったかはガスが霧氷になっているのを見ればお分かりいただけると思います。霧氷は霧島連山の名物らしいのでこれはまたこれでいい経験かもしれません(笑)。ちっ(怒った顔)

霧の山で先が見えないというのは心細いものです。ですが奥宮や頂上が突然に現れますので着いた感は倍はあります。頂上にある天の逆鉾は霧の中でした。
少し休んで帰途につきましたが、御鉢の馬の背あたりから霧が晴れだして、新燃岳(たぶん)も見えてきました。下山したころには雲一つない晴天となりました。わーい(嬉しい顔)

ビジターセンターの高千穂峰のジオラマ。↓
16112402高千穂峰OE.jpg

これから溶岩の急こう配になる。↓
16112402高千穂峰EB.jpg

ガスで見えない中、黄色の目印を頼りに登ります。↓
16112402高千穂峰EG霧.jpg

御鉢にある霧島神宮奥宮。↓
16112402高千穂峰FA奥宮.jpg

霧氷がついた案内板。↓
16112402高千穂峰G霧氷.jpg

ロープには霧氷が成長しエビのしっぽみたい。↓
16112402高千穂峰G霧氷D.jpg

岩の植物についた霧氷もきれいかな。↓
16112402高千穂峰G霧氷B.jpg

高千穂峰にある天の逆鉾。↓
16112402高千穂峰H逆矛B記.jpg

帰りには霧が晴れだし新燃岳も見えだした。↓
16112402高千穂峰KB.jpg

晴天になった登山入口。↓
16112402高千穂峰P晴れた.jpg

現地で気づいたことですが、高千穂峰は宮崎県ですが、登山口の高千穂河原と霧島神宮は鹿児島県だったんですね。宮崎県だと思っていました。行ってみないと気がつかないことはままあります。ふらふら

posted by ペコム at 11:22| 山歩きや街歩き

2017年01月02日

旅たまショット〜島原の朝

明けましておめでとうございます。
しばらくの間お留守してました。久しぶりのUPです。ふらふら

初日の出ではありませんが、昨年の11月に長崎の島原湾でたまたま出会った朝日を新年の御挨拶代わりに載せましてまたよろしくお願い申し上げます。わーい(嬉しい顔)

16112231島原の朝B.jpg

posted by ペコム at 14:57| 旅たまショット