2016年02月22日

マンサク咲く

庭のマンサクが咲きました。

ここ数日、まるで猫の目のような天気です。暖かくなったかと思えば急に寒さが戻ります。
それでも季節は着々とやって来ているようで庭のマンサクが咲いていました。

16022201庭のマンサク.jpg

冬が寒い分、春が待ちどおしいこの頃です。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 13:21| 鳥虫花木など自然系

2016年02月17日

信濃国一宮〜諏訪大社

一の宮、二の宮、三の宮の神社の格付けがされたのは平安時代の頃らしい・・・のですが、昔から、旅先で看板などを見つけるとつい寄り道をしたくなるのが一の宮でした。

信濃(しなの)の国とは、今の長野県です。

諏訪大社(すわたいしゃ)は、全国一万社あるといわれる諏訪神社の総本社です。諏訪湖の南に上社、北に下社が鎮座し、上社は本宮と前宮、下社は春宮と秋宮の計四社をいいます。

由緒書きによれば、主祭神は「建御名方神(タケミナカタノカミ)」「八坂刀売神(ヤサカトメノカミ)」。そして本宮には「八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ)」が合祀されています。と一般的にはなりますが、個々には、上社本宮に「建御名方神」、上社前宮に「八坂刀売神」、下社春宮と秋宮は「建御名方神と八坂刀売神」であり、春宮と秋宮には御祭神が交互に鎮座(二月と八月に遷座祭が行われる)するという変わった形態をとっています。
建御名方神は古事記で国譲り神話で登場します。天照大神から使者として使わされた建御雷神(タケミカズチノカミ)に対し、父神の大国主命と兄神の事代主神は国譲りをまあまあ了承しますが、建御名方神は反抗します。結果、敗れて科野(しなの)の国の洲羽海(諏訪湖)に逃げ、そこから出ないことを条件に許されたとあります。ですがこの話は、日本書記にはありません。
八坂刀売神は妃神であります。ある文献では海部(あま)族の娘であったとのことです。

上社本宮。↓
IMG_3268本宮鳥居.jpg

上社前宮。↓
IMG_3241前宮鳥居.jpg

下社春宮。↓
14102501春宮AA.jpg

下社秋宮。↓14102503秋宮A鳥居.jpg

諏訪大社は不思議がいっぱいです。まず諏訪大社の七不思議というのがあります。細かくは忘れてしまったのですが、諏訪湖の御神渡り(冬に諏訪湖が凍ってせり上がる現象)もたしかその一つだったと思います。祭神のタケミナカタは地元神のモレヤ神(ミシャグチ神とも)と天竜川で戦って勝ったという話。モレヤ神はタケミナカタ以前の地神であったと云われています。そして上社・下社にはそれぞれに御射山神社がありミシャグチ神を祀っているという話、御柱祭りの柱は御射山から調達していたということ、一番古いと云われる下社前宮は守屋山を神奈備(神の山)としますが、本宮の拝殿はこの前宮を拝む形になっていて、じつは、根底はミシャグチ神を祀っているという話などなど。本当のことなど分かるはずはなく謎は謎でいいのではないかとも思います。
諏訪大社の奇祭に御柱祭りがあります。山から御柱を伐採し神社まで曳行し社殿の四隅に建てるお祭りで、上社下社の四つの社の計16本の柱をそれぞれ曳いて建てることになります。坂あり(木落し)川あり(川越し)でそれは勇壮なお祭りです。ずっと昔、岡谷に友達がいてこのお祭りを見たことがあり、ちょこっとですが柱を引いた思い出もあります。といってもその時は何の祭りかも知らずにいてあとになって御柱祭りの「里曳き」だったんだということを知りました。

下社本宮の一の御柱。↓
IMG_3263本宮一の御柱.jpg

今年は申年、七年に一度の「御柱祭り」の年です。諏訪もにぎやかな年になることでしょう。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 18:25| 一の宮

2016年02月11日

有明山の朝焼け

今朝の有明山の朝焼けがとてもきれいでした。

立春も過ぎだいぶ日も伸びてきました。朝型人間なのでだいたいは早起きなのですが、窓が暗いともう一寝入りしたりもいたしします。今朝は白みかけた窓を見て起きました。

お湯を沸かし歯を磨きながらまだ薄暗い表を見ますと朝焼けに赤くなった有明山のてっぺんが見えました。まだ外は寒いのですがベランダの出てみると見事な朝焼けでした。歯磨き中でしたがそのまま歯ブラシを口にくわえながら外に出て写真を撮っておきました。わーい(嬉しい顔)

我が家の庭越しからの今朝の有明山。↓
16021101有明山朝焼けA.jpg

近くのリンゴ園からみた今朝の有明山。↓16021101有明山朝焼けC.jpg

posted by ペコム at 09:21| その他いろいろ

2016年02月07日

SSDに変えてみました

重くなったノートPCのHHDをSSDに変えてみました。

立春も過ぎて暦は春になりましたが、寒い日が続いています。
寒冷アレルギーとやらで寒いところに出ると鼻水が止まりません。涙まで出てくるともうお手上げ状態で収まるまでじっと耐えることになります。もうやだ〜(悲しい顔)
ということで、正月から冬眠していました。(笑)
春が待ち遠しいですが、やはり彼岸が来るまでは春は来ないかもしれませんね。

こんな寒い時のためにこたつ用として買ったノートパソコン。ところが、動きが遅く使い物になりません。不必要のソフトをアンインストールするなどやってみたのですが、どんどん悪化するばかり、連続で文字打ちするだけでもうフリーズしてしまいます。ということでまったく使っていませんでした。
最近、SSD(ソリッドステートドライブ)が安くなってきたこともあって交換してみる気になりました。もし失敗しても元々ダメノートPCですから、ま、いいか…てなもんです。うまく成功すれば儲けものです。

方法は、HDDからSSDに、OSを含めてまるごとコピー(クローン化)をして、そして差し替えます。
コピーの方法は、ロジテックのガチャベイやSSDに付属のメーカーソフトなどで行いますが、注意が必要なのは、コピー先のディスクは元ディスクより容量が同じか大きくなければならない…とされることです。HDDより容量の大きなSSDとなるとまだまだお値段が張ります。ちなみに私のノートPCのHDDは750GB、クローン化するために同等のSSDとなると値段も高く、ためしにやってみようか…というわけにはいきません(笑)。
ですが実際に使用しているデータの領域はC:65GB+D:4GBですから、100GBもあれば理論的には充分なはずです。小容量のSSDにコピーできればそれにこしたことはありません。

結論から言いますと…、
128GBのSSDにOS含めてまるごとコピーすることができ、入れ替えに成功しました。重かったPCもサクサクと動き、ウソのようによみがえりました。4〜5分かかっていた起動が25秒ほどで完了です。大成功でした。ちなみにクローン化に使用したソフトはディスク管理ソフト(AOMEI Partition A.S.E)でベクターで無料で入手できます。
冬眠中のひまつぶしにやってみたのですが、やってみた価値は十分ありました。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 18:48| その他いろいろ