2015年05月30日

善光寺の御開帳

今年は善光寺の御開帳の年です。
7年に1度ですが、数えですので実際は丸6年毎の開催となります。善光寺には何度か訪れていますが、御開帳には行ってませんので今年は行こうと思っていました。次はもう行けないかもしれないですしネ。(笑)

御開帳は約2か月ほどの期間(4月5日〜5月31日)があります。初めは例のごとく混雑する(実際、回向柱には大勢の行列で数時間待ちという報道も・・)でしょうから、落ち着いたころの後半に・・と考えていました。が、月日の経つのは早いものであっという間に最終週になってしまいました。いくらなんでも最終末の土日となると駆け込みで混雑は必至となるでしょうから、行くなら今だ!・と27日(水)に行ってきました。ダッシュ(走り出すさま)
午前中は混むだろうという予測から午後にしました。また駐車場探しがいやなので電車にしました。長野駅に着いたのは午後3時40分ころでしょうか。久しぶりの長野駅は改修されてきれいになっていました。ぶらぶらと歩いて善光寺に向かいます。

長野駅。↓
15052701長野駅C駅前ちょう.jpg

15052702善光寺A門前.jpg

山門を過ぎていよいよ本堂の近くに・・というところで、何やら人の列が・・。まいりましたね、混雑を避けて日にちも時間も選んだつもりがやっぱりダメか・、とあきらめて行列の後ろに並びます。と、係員の人が来て「あっち、あっち」と別の場所を指示します。分からないまま従いましたが、謎はすぐに判明しました。それは「お数珠頂戴」の列なのでありました。「お数珠頂戴」とは、法要などで貫主や上人様が参道を往復される際に、頭を数珠でなでてもらうことを言います。こんな場面に出くわしたのはある意味ラッキーですね。

「お数珠頂戴」を待つ人の列。↓
15052702善光寺G列.jpg

「お数珠頂戴」。赤い笠のところに上人様がいます。↓
15052702善光寺Hお数珠頂戴.jpg

その後、回向柱や本堂の参拝をし境内を散策、過去の回向柱などを見たりして、そして、参拝記念に小さな回向柱を買って帰路に向かいました。

回向柱と前立本尊をつなぐ糸。↓
15052702善光寺Qひも.jpg

過去の回向柱。古くなるほど柱は短くなります。↓
15052702善光寺M旧柱C.jpg

お土産に買った記念の回向柱。↓
15053002回向柱.jpg

その帰りの際にもまたまた「お数珠頂戴」にぶつかりました。二度もお数珠を頂戴してなんとまあ運の良い日でしょう。日頃の行いが良いせいでしょうか(笑)。わーい(嬉しい顔)


posted by ペコム at 10:20| お祭りイベントなど

2015年05月27日

一茶記念館のねこ館長

先日のこと・・・、
戸隠に向かう信濃町の道で「一茶記念館」の看板を見つけました。まだ朝早い(8時前)ので開いてはいないだろうと思いはしましたが、道沿いでしたので寄ってみました。それと信濃町に一茶の記念館があったとは思ってもいなかったのでそれも寄ってみる気にさせた要因でした。昔、一茶の施設に立ち寄った記憶・・こんな街中ではなく田舎の景色の中で古びた建物を見学したことがあって場所も、あれはたしか、七味温泉の帰り道で小布施の近くだったようなはず・・が頭をよぎったからでした。その施設の名前も場所も覚えていないですが、その地方では刃物が特産らしく、鎌を買おうか買うまいかと、さんざん迷って結局買わずに帰ったことはよ〜く覚えています。(笑)ふらふら

当たり前ですが、まだ早いので駐車場はガラガラ、誰もいません。車を降りると何処からかネコがやってきてまるで案内するように入口に向かいます。従って私も着いて行く結果になります。そして足元に来て顔を洗ったりゴロゴロと寝転んだりするのです。やけに人懐こいネコでした。

ネコと一茶記念館。↓
15052303一茶記念館A猫.jpg

足元にやってきて・・、↓
15052306ネコ館長.jpg

ゴロゴロ・・、↓
15052306ネコ館長A.jpg

くつろぎます。↓
15052306ネコ館長B.jpg

ここから見える黒姫山や妙高山を写真に収めて、さて帰ろう・・とした時、看板を見つけました。その看板には、「ねこ館長うみニャンコ」とありました。
15052303一茶記念館C.jpg

なんだ・・・、
おまえさんは館長さんか・・・、
それで案内してくれたんだね!。

なんか妙に納得して今度は開いているときに来るからネ、とその場を後にしました。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 12:54| みちくさ話

2015年05月25日

加賀国一宮〜白山比盗_社

一の宮、二の宮、三の宮の神社の格付けがされたのは平安時代の頃らしい・・・のですが、昔から、旅先で看板などを見つけるとつい寄り道をしたくなるのが一の宮でした。

加賀(かが)の国とは、能登半島を除く石川県の南部になります。

白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ)は、延喜式内社にも記載される古社で霊峰白山を御神体とする全国におよそ三千余りの白山神社の総本宮です。通称は「しらやまさん」。

由緒書きによれば、主祭神は「白山比淘蜷_(シラヤマヒメノオオカミ)」。
そして、「伊弉諾尊(イザナギノミコト)」、「伊弉冉尊(イザナミノミコト)」がともに祀られています。
主祭神の白山比淘蜷_は、菊理媛尊(ククリヒメノミコト)のこととされています。菊理媛は、記紀の本文には出てこないのですが、書紀の一部に登場します。
それによれば、イザナミが黄泉国に行ってしまい逢いたくなったイザナギは黄泉国に行きますが、変わり果てた妻のイザナミの姿に驚いて逃げ帰り、黄泉平坂まで逃げたイザナギとイザナミとが言い争っていた時、 菊理媛が助言をしたので、イザナギは無事に死の国を脱出することができた…というものです。
この話から、菊理媛はイザナギとイザナミを仲直りさせたとしての調停の神、あるいは縁結びの神、とされています。また、死者(イザナミ)と生者(イザナギ)の間を取り持ったことからシャーマン(恐山のイタコみたいな)的な役割をもっていたのだと思います。

白山比盗_社の鳥居と社号標。↓
14101903白山比-盗_社.jpg

趣向きある参道。↓
14101903白山比-盗_社C参道.jpg

神門。↓
14101903白山比-盗_社F神門.jpg

拝殿。↓
14101903白山比-盗_社G拝殿.jpg

加賀の国…といえば、百万石の金沢。そして金沢…といえば、開通したばっかりの「北陸新幹線」が話題です。新幹線に乗って白山比盗_社へ行こう、という時代になったんですね。なんか不思議な感じがいたします。ということで、おまけは、北陸新幹線「はくたか」です。

先日、糸魚川駅に行った折りに撮影しました。↓。
15052102糸魚川駅C新幹線B.jpg

最後に新幹線に乗ったのはもう17〜8年も前の昔のこと。新幹線に乗って金沢に…行ってみたいですね。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 15:57| 一の宮

2015年05月20日

遍路エピソ−ド〜道間違えてイノシシ

四国遍路も香川県に入り終盤になってのこと。八十一番白峯寺、八十二番根来寺は山の上にあります。今では車でも行けますが徒歩で行くことを最初から考えていました。八十番の国分寺に車を置かせてもらいそれぞれ各地まで2時間の三角ルートで、合わせて6時間で戻ってくる計画でした。
直前になって八十番国分寺で徒歩遍路での案内版を見つけ近道があることを知りました。知らない道は大好きですからね、その道を歩いてみることにしました。その分岐点と思われるところに出て車道らしき道を行きました。車のわだちもありますし疑いもなくその道を行きます。

80番国分寺にあった歩き遍路の案内看板。↓
1502280480番国分寺B道案.jpg

分岐点と思われるところで左に曲がり山道を行きます。すると、みかん畑らしき山裾に出て、標高も上がり景色もだんだんと良くなってきます。道標はありませんがそれなりの道幅もありお寺のある山方向には向かっていると思われました。いずれ正規の遍路道に出るだろうと何の疑いもなく登って行きました。ですが、元みかん畑と思われるところは次第に荒れてきて道も整備されてなく灌木で道が狭くなっているところが多くなってきたのです。檻の中のイノシシにも出会いました。何か変だな?と思い始めた頃はもうすでに1時間あまりが経過、それでも遍路道に出ると信じて登ったのですが、さすがに灌木で道が塞がれてしまったところで引き返すことにしました。

山腹のミカン畑の中を行く道。↓
1502280581番白峯寺へB道間.jpg

標高も上がり景色も良くなってきました。
1502280581番白峯寺へCため.jpg

檻の中にイノシシがいた。↓
1502280581番白峯寺へAイノ.jpg

結局、2時間以上のロスとなって当初考えていた三角ルートは時間の関係で回り切れなくて、八十一番白峯寺だけで戻ることになりました。後で分かったことですが、近道とされる道は、もっと山上にある道であり私の早とちりで間違えてしまったものでした。道標のない道は気をつけろ!ということでしょう。
それでも道草は好きな方ですので、景色を楽しみながら、そして野生のイノシシにも逢いましたので良しとしましょう。イノシシは罠にかかった野生のものと思います。カメラを向けるとつっかかってきます。檻が壊れたら襲われるなぁ…、と怖くなり早々に引き揚げました。ふらふら

posted by ペコム at 09:35| 遍路エピソード

2015年05月18日

子育て終了〜我が家のシジュウカラ

我が家のベランダには巣箱が掛けてあります。
毎年シジュウカラがやって来ますが今年も営巣しました。
もう何年目でしょうか、ヤマガラに乗っ取られたことも一度ありましたが、その年は、すぐに別の場所に巣箱を掛けましらたそちらで営巣しました。もう連続20年近くになると思います。

えさ運びで忙しそうに行き来していたシジュウカラが、昨日はまったく姿が見えず静かだなあ〜、と思っていましたが、今朝(17日)確認してみたらもぬけの空でした。どうやら無事巣立っていったようです。

餌を運ぶシジュウカラ。↓
15051501シジュウカラ巣えさ.jpg

この時期は松の花粉で車やベランダは黄色くなるほどですが、営巣中はなるべくベランダには出ないようにしていました。今日はベランダの掃除を始めようかと考えています。わーい(嬉しい顔)

posted by ペコム at 09:06| 鳥虫花木など自然系